広場@あめざーねっとVII

広場にようこそ

*誹謗中傷差別、個人情報、アダルト情報の書き込みお断り。
*ハートマーク画像[]、うんこ画像[]を使いたい人は[案内]を。練習は[ゴミ箱]で。
*メール欄に「id:任意の文字」でID表示。
*参照ボタンを押して画像を指定してから書き込むとアップロードできます(500KBまで)(jpg gif png のみ)

題 名 
投稿者 
メール 
(゚Д゚) <
<PR>
 

■ 最新スレッド


梨太郎おるか?

1投稿者:梨太郎粘着  投稿日:2016年07月10日(日) 16時47分14秒
お前いい加減にしろよ
9投稿者:ガラケー2  投稿日:2016年07月26日(火) 17時54分28秒
俺からもありがとう
10投稿者:なしたろう粘着  投稿日:2018年08月02日(木) 09時17分05秒
梨太郎おるか?お前いい加減にせいよ!
11投稿者:梨太郎研究者  投稿日:2018年08月04日(土) 13時22分24秒
梨太郎いるか?
12投稿者:上武梨太郎研究者  投稿日:2018年08月12日(日) 14時14分18秒
上武おるんやろ?
13投稿者:なしたろう粘着  投稿日:2018年08月22日(水) 09時42分49秒
いい加減にせいよ!!梨太郎
14投稿者:梨太郎ストーカー  投稿日:2019年06月07日(金) 09時16分18秒
出てこい!上武
15投稿者:上武ストーカー  投稿日:2019年07月08日(月) 20時01分05秒
上武いるか?

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

「女装男性」不審者扱いは不適切

1投稿者:人生色色男も色色  投稿日:2019年06月19日(水) 08時01分28秒
「女装男性」不審者扱いは不適切
――LGBT団体の指摘で訂正――
https://twitter.com/SAKAI_Tooru/status/1140769500616282112
 
秋田県警が、不審な行為を記さずに
「女装した男性」を不審者として
ホームページ(HP)に掲載したのは不適切だとして、
性的少数者(LGBT)や支援者でつくる団体が
問題視している。
県警は差別的な意図はないとし、
誤解を招かないよう表現を訂正した。
 
問題視されたのは、
5月21日に県警がHPに掲載した情報。
同15日午後8時ごろ、
秋田市で「女子高生2人が、
女装姿の男を目撃する事案が発生した」とする内容だった。
声掛けや体を触る、つきまとうといった不審な行為は
記されていなかった。
 
東海地方の性的少数者や支援者でつくる団体
「レインボーなごや」の
共同代表酒井徹さん(35)=名古屋市=はこの情報を、
全国の不審者情報を集めて発信する会社のツイッターで
目にした。
取材に
「この表現では、
 女装自体が不審な行為と読み取れる。
 公的機関が誤解を招く情報を発信すると、
 LGBT当事者は安心して暮らせなくなる」と話す。
 
5月27日に県警にメールと電話で問題点を指摘。
県警は後日、
「女子高生2人が、
 物陰から突然現れたスカート着用の男から
 脅かされる事案が発生した」と表現を変えた。
 
県警は
「夜遅くに、
 物陰から人が突然現れて驚かされた事案として扱った。
 女装をもって不審としたわけではない。
 誤解を招かないよう、表現を改めた」と説明した。
 
酒井さんは
「この情報のように、
 社会には当事者が肩身の狭い思いをする部分がまだ多い。
 誤解を一つ一つなくしていき、
 当事者が生きやすい社会になってほしい」としている。
(石塚健悟)
(『秋田魁新報』2019年6月13日)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

ILO:LGBTI労働者に正義と保護を

1投稿者:5月17日は国際反ホモフォビアの日  投稿日:2019年05月20日(月) 22時36分02秒
ILOが声明 : LGBTI労働者の正義と保護を確保せよ
http://blog.livedoor.jp/sakai_tooru/archives/29226989.html

国連の国際労働機関(ILO)は
国際反ホモフォビアの日の5月17日に、
「LGBTI労働者の正義と保護を確保せよ」とする声明を
ウェブサイトにて公にした。
以下にその仮訳を掲載する。


LGBTI労働者の正義と保護を確保せよ
https://www.ilo.org/global/about-the-ilo/how-the-ilo-works/ilo-director-general/statements-and-speeches/WCMS_702137/lang--en/index.htm

ILO事務局長のガイ=ライダーは、
「国際反ホモフォビア・トランスフォビア・
 バイフォビアの日」にあたり、
誰も取り残されない人道的な労働の未来には
LGBTI労働者が含まれなければならないと主張します。
2投稿者:5月17日は多様な性にYESの日  投稿日:2019年05月20日(月) 22時36分47秒
50年前、
当時、
レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーの
コミュニティが直面していた差別と暴力とに抗議する一揆が
ニューヨークの通りで起こりました。
ストーンウォール一揆として知られるこの事件は、
現在、
LGBTIの権利をめぐる闘いにおける
最も重要な歴史的瞬間の一つとして記憶されています。

以来、
約80カ国が
性的指向や性自認・性表現・性分化に基づく差別を
禁止する法律を制定し、
大きな進歩を遂げてきました。
しかし、
その進行速度は遅すぎ、
場合によっては後退していることさえ有ります。
事実、
ストーンウォール一揆から50年が経過していますが、
多くのLGBTIの人々は職場を含め、
依然として
高水準の差別や暴力・嫌がらせ・迫害・偏見に
直面しています。
3投稿者:5月17日はIDAHOT  投稿日:2019年05月20日(月) 22時37分19秒
一部の先進的な法律や政策にもかかわらず、
LGBTIの労働者は、
法外な費用や長期にわたる法的手続き、
またはシステムに対する信頼の欠如のために、
法的救済を受けられないことが多いです。
事実上、
彼らは正義と保護とを否定されています。

誰も取り残されない、
人道的な労働の未来を真に望むのであれば、
我々はここに、
LGBTIの労働者を含める必要があります。
また、
LGBTI労働者が誰を愛し
誰であるかという理由で、
法や政策がそうした人々を
犯罪者として扱うことがないことを
確実にしなければなりません。

ILOの社会正義に関する使命は、
働きがいの有る真っ当な仕事に
全ての人々が就けるようにすることです。
しかし働きがいの有る真っ当な仕事は、
自由と尊厳という条件の中でのみ
存在することが出来るのです。
それは、包括性と多様性とを受け入れることを意味します。
私たちがあらゆる形の偏見と差別とに立ち向かうことを
要求します。

我々は、
すべての人、
取り分け、
差別に対して最も脆弱な人々のための
正義と保護とを確保するため、
共に汗を流し、
そのペースを加速させなければなりません。
(国際労働機関ウェブサイトから仮訳)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

多様な性訴えイベント

1投稿者:誰が好きでもええがや  投稿日:2019年05月20日(月) 19時31分50秒
多様な性訴えイベント

同性愛者や両性愛者など、
性的少数者への理解や差別の解消を訴えるイベント
「IDAHO(アイダホ)名古屋2019」が
18日、名古屋市で開かれる。
当日は電話相談のほか、ミニパレードや交流会があり、
多様な性のあり方を発信していきたいとしている。

世界保健機関(WHO)が1990年5月17日に
精神疾患リストから「同性愛」を削除したことを記念した
「国際反ホモフォビア・トランスフォビア・
 バイフォビアの日(IDAHO)」に合わせた活動で、
性的少数者を支援する民間団体「レインボーなごや」が主催。

選挙の投票所での男女別受付など、
主に行政の場で性的少数者が直面する問題などについて、
18日正午から午後5時まで、
電話(070・5335・4532または070・5443・5442)で
相談に応じる。
18日午後5時から名古屋・栄で街頭活動などをするほか、
午後7時からは栄で交流会も開く。
(『朝日新聞』名古屋・尾張・知多版5月13日朝刊)
2投稿者:誰が好きでもええがや  投稿日:2019年05月20日(月) 19時32分34秒
性的少数者:理解を 名古屋できょうパレード /愛知
https://mainichi.jp/articles/20190518/ddl/k23/040/187000c

東海地方の
性的少数者(LGBTなど)やその支援者でつくる
「レインボーなごや」が18日、
名古屋市で性の多様性への理解を求める街頭活動をする。
同会の共同代表、酒井徹さん(35)は
「この日に街頭活動する意味を多くの人に知ってほしい」と
願う。

街頭活動は、
17日の
「国際反ホモフォビアの日」(同性愛嫌悪に反対する日)に
合わせたもの。
1990年5月17日に
世界保健機関(WHO)が
同性愛を精神疾患リストから外したことを記念する日で、
国内外で
LGBTなどへの理解を深める取り組みが展開される。

酒井さんは、
今年4月に行われた茨城県主催の会合で
参加した医師が
「性的マイノリティー(少数派)の人に
 マジョリティ(多数派)に戻ってもらう治療はないのか」
と発言したことを報道で知った。
「公的な場で医師がそのような発言をするのは、
 正しい知識が広まっていないということでは」と思った。
近年、
LGBTなどへの関心や支援の動きが高まっていることは
歓迎するが、
誤解をなくす活動も必要だと感じた。
茨城県によると、
医師は後に発言を撤回した。
3投稿者:誰が好きでもええがや  投稿日:2019年05月20日(月) 19時32分56秒
愛知県内でも違和感を覚える出来事があった。
半田市はLGBTなどへの配慮として、
2016年の参院選から
投票所案内のハガキで「男」「女」の記載をやめたが、
今年2月の県知事選では
投票所で男女別に受け付けをした。
LGBTなどの当事者から同会に
「男女別の列に並ぶのに抵抗があり、
 選挙に行きづらい」と相談があり、
同会の訴えを受けた市は、
4月の市議会議員選挙では男女別の受け付けをやめた。
酒井さんは
「当事者の声が届かないと支援の方向性が間違うことがある」
と話す。

昨年の街頭活動では
「誰が好きでもええがや」とポジティブな訴えをしたが、
今年は
「同性愛は病気ではない」との主張も加える。
「同性愛や
 トランスジェンダー(心と体の性別が異なる人)を
 しっかり理解してもらえるきっかけになれば」と話す。

18日は
午後5時から名古屋市中区栄3の名古屋三越栄店前で
街頭活動をし、
周辺をパレードする。
また、
同日正午から午後5時まで
LGBTなどの当事者を対象に電話相談を受け付ける。
電話相談や問い合わせは同会(070・5335・4532)。
【野村阿悠子】(『毎日新聞』なごや近郊版5月18日朝刊)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

東浦町制記念映画、上映中止

1投稿者:どこが「バリアフリー」なの?  投稿日:2019年04月30日(火) 15時47分59秒
性的少数者ら描いた映画 支援団体の抗議受け東浦で上映見合わせ
https://www.asahi.com/articles/ASM4T5T7NM4TOIPE02H.html?iref=com_footer

性的少数者らに立ちはだかる社会の様々な障壁を超えようと
奮闘する様子を描いた
映画「バリアフリーかあちゃん!!」の上映を計画していた
愛知県の東浦町社会福祉協議会は、
7月7日に町内で予定していた上映会の見合わせを決めた。
性的少数者を支援する
民間団体「レインボーなごや」(名古屋市)が
25日、町側に上映中止を申し入れたためという。

映画は
市民団体「ひがしうら映画プロジェクト」が
町の補助を受けて制作した。
町側は
「映画を制作した市民団体と、
 レインボーなごやが話し合い、
 問題が解決するまでは上映を中止したい」としている。

レインボーなごやが最も問題視しているのは
「かあちゃん」が息子を助けに行く場面。
「女の出る幕じゃない」と言われた「かあちゃん」は
「実は男だったんです」と制止を振り切る。
2月の試写会で映画を見て
ショックを受けたメンバーがいたという。
酒井徹共同代表は
「強制的なカミングアウトを感動的に描くのは
 当事者の思いと異なる誤解を生みかねない」と指摘し、
撮り直しを求めたという。

監督の石丸みどりさんによると、
別の性的少数者からは
「よく理解して作られた映画」と感想が寄せられたという。
「勇気を出して前に向かうのを支えたい思いを込めた映画。
 しっかり話し合いができずこのようなことになり残念。
 今後、協議したい」と話した。
(江向彩也夏)
(『朝日新聞』2019年4月26日名古屋・尾張・知多版)
2投稿者:どこが「バリアフリー」なの?  投稿日:2019年04月30日(火) 15時48分39秒
東浦町制記念映画「上映中止を」 LGBT団体申し入れ
https://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20190425-OYTNT50163/

LGBT(性的少数者)団体
「レインボーなごや」(名古屋市中区)は
25日、東浦町に対し、
町制70周年記念で住民が制作した
映画「バリアフリーかあちゃん!!」の
当面の上映中止を求める申し入れをした。
町は
7月7日に町内の公共施設で行う予定だった上映会の中止を
決めた。

映画は、
町民有志らでつくる「ひがしうら映画プロジェクト」が制作。
町は制作費の一部を補助している。
男性として生まれたが女性として生きる
トランスジェンダーの主人公が、
町内で起こる問題を解決するという内容。
問題としているのは、
主人公の子供が井戸に落ち、
助けようとすると「女の出る幕ではない」と言われ、
実は男性だと告白するシーン。

半田市役所で同日、記者会見した
同団体の酒井徹・共同代表は
「公衆の面前で不本意な告白をさせている。
 性別を隠していることが後ろめたく思わせる恐れがある」
などと主張する。
同団体はプロジェクトに
シーンの撮り直しや上映の中止などを求めているという。

一方、
映画監督の石丸みどりさんは
「多様な人がいて、
 それを受け入れられる社会にしたいという思いで制作した。
 LGBTの方たちを批判する気持ちはまったくない。
 お互い歩み寄れる方法があるか検討したい」と話した。
(『読売新聞』2019年4月26日愛知・名古屋市内版)
3投稿者:どこが「バリアフリー」なの?  投稿日:2019年04月30日(火) 15時49分10秒
LGBT支援団体 上映中止申し入れ 東浦町に
https://twitter.com/SAKAI_Tooru/status/1121809306200891392

多様性を認める社会づくりをテーマに
東浦町の町民グループが撮影した映画を巡り、
性的少数者(LGBT)の表現が誤解を招くとして、
名古屋市のLGBT支援団体「レインボーなごや」が
二十五日、町に対して上映中止を申し入れた。

映画のタイトルは「バリアフリーかあちゃん」。
主人公が
言葉の壁や障害者への偏見といった「バリアー」を
打ち破っていくストーリーで、
町民有志らが町の補助金計五十万円余を受けて撮影した。

問題となっているのは、
女性役者が演じる主人公が、
心と体の性が一致しない
「トランスジェンダー」の当事者であることを
大勢の前で明かすシーン。
レインボーなごやによると、
現実には元々の性別の公表自体が当事者にとって苦痛という。
酒井徹共同代表は
「映画では感動的に描かれており、
 トランスジェンダーについて
 誤った認識が広がる恐れがある」と話した。

一方、
町民グループの代表は取材に
「別の当事者団体からは好意的な意見もある。
 申し入れに驚いたが対応は検討する」と答えた。
(『中日新聞』2019年4月26日愛知県内版)
4投稿者:どこが「バリアフリー」なの?  投稿日:2019年04月30日(火) 15時49分48秒
LGBT支援団体指摘で上映中止
https://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20190425/0004401.html

愛知県東浦町の公募で製作された映画が、
性的マイノリティーの人たちにとって
不適切な内容が含まれるとして、
名古屋市内の支援団体が、
東浦町の公共施設での上映を中止するよう求め、
施設を運営する地元の社会福祉法人は、
上映の中止を決めました。

性的マイノリティーの人たちを支援する名古屋市内の団体は、
東浦町と隣接する半田市の市役所で記者会見を開き、
東浦町が公募し地元の住民グループが製作した
町制70周年を記念する映画「バリアフリーかあちゃん」に、
不適切な内容が含まれると指摘しました。
具体的には、
映画のなかで、
心と体の性が一致しない
トランスジェンダーの主人公の女性が、
男性であることを周囲に告げるシーンがあり、
これが、
性的マイノリティーの人たちへの誤った認識を
社会に与えかねない内容だとしています。
団体では、
公共施設での上映中止を東浦町に申し入れ、
施設を運営する地元の社会福祉法人は、
ことし7月に予定していた上映を中止することになりました。

一方、
映画の監督を務めた石丸みどりさんは、
NHKの取材に対して、
「LGBTや障害のある方、外国人など、
 悩みを持つ方を応援する目的で作った映画で、
 こちらの製作の意図が正しく伝わらず残念だ。
 何かしらの方法で、相手方と話しをしていきたい」と
話しています。
(NHK NEWS WEB 04月25日21時42分)
5投稿者:どこが「バリアフリー」なの?  投稿日:2019年04月30日(火) 15時50分17秒
LGBT団体 上映中止申し入れ 東浦町記念映画、問題ある
https://mainichi.jp/articles/20190426/ddl/k23/040/227000c

性的少数者団体
「レインボーなごや」(事務局・名古屋市中区)のメンバーが
25日、東浦町役場を訪れ、
町制70周年記念で作られた
映画「バリアフリーかあちゃん」の
町施設での上映を中止するよう、
神谷明彦町長に申し入れた。
町は7月7日に予定していた上映を中止することにした。

映画は町内有志による
「ひがしうら映画プロジェクト」(村松愛子代表)が制作。
男性として生まれ、女性として生きる
トランスジェンダー(心と体の性別が異なる人)の主人公が、
町内で起きる諸問題を解決していく内容。
同団体は3月9日の試写会で展開に問題が有ると判断した。

申し入れ後に記者会見した同団体の酒井徹共同代表は
「井戸に落ちた息子を助けようとした母親に
 『女の出る幕ではない』と差別発言をし、
 母親に『実は私は男です』と言わせた場面が特に問題。
 本来は秘密にしたいことを不本意に言わせたことが
 誤解を招く」と話した。
この部分の撮り直しなど話し合おうとしたが
進まなかったという。

映画を監督した石丸みどり・愛知淑徳大講師は取材に
「多様な方がいることを知ってもらい、
 それを受け入れられる社会になってほしいと作った。
 偏見はなく、歩み寄れることがあれば話し合いたい」と
話した。【林幹洋】
(『毎日新聞』2019年4月26日AICHI・なごや近郊版)
6投稿者:どこが「バリアフリー」なの?  投稿日:2019年04月30日(火) 15時50分40秒
誤解広がる恐れある LGBT団体 東浦町に上映中止要請/愛知
https://twitter.com/SAKAI_Tooru/status/1123097843361648640

愛知県東浦町で町制70周年記念として制作された
映画「バリアフリーかあちゃん」について、
性的少数者団体「レインボーなごや」は25日、
「当事者に対する無理解や誤解がうまれかねない」として、
町施設での上映を中止するよう、
神谷明彦町長に申し入れました。
町側は申し入れをうけ、
7月7日に町内で予定していた上映を見合わせました。

同映画は、
多様性を認める社会づくりをテーマに、
町民有志「ひがしうら映画プロジェクト」が
補助金約50万円を受けて撮影したもの。
レインボーなごやがとくに問題視したのは、
体は男性、心は女性(MtF)として生きる
トランスジェンダー(心と体の性の不一致)の主人公が、
大勢の人の前で、当事者であることを明かすシーンです。
周囲の人から「女の出る幕ではない」と言われたことに対し、
実は男なんですとカミングアウトさせられる展開が
「感動的なもの」として描かれている点です。

酒井徹共同代表は、
「強制的なカミングアウトを感動的に描いており、
 このままの状態で上映すれば、
 当事者に対する無理解や誤解が広まりかねないと
 懸念した」と話します。

レインボーなごやは、同映画の試写会(3月9日)を見て、
問題があると判断。
プロジェクト代表に
取り直しなどの話し合いを求めてきましたが、
協議が出来ないまま、
プロジェクト側が今月21日に上映の告知をしたことから、
今回の申し入れに至りました。
(しんぶん赤旗2019年4月28日)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

明日栄で『百合ダス』映画会

1投稿者:浜野佐知監督作品  投稿日:2019年03月12日(火) 16時05分44秒
『百合子、ダスヴィダーニヤ』
――中条(宮本)=百合子と湯浅=芳子――
http://tantansha.main.jp/yuriko.html

   私は何人にも云わぬ。
   胸ひとつにおさめて黙る。
   しかしこのことは百年ののちに
   明らかにされていいことだ。(湯浅=芳子)

日本共産党最高指導者・宮本=顕治の 妻として、
その 「獄中十二年」の 闘いを 支えぬいた
プロレタリア文学作家・宮本=百合子。
他方、
『愛国婦人』の 編集をしつつ、
そんな 百合子と 一時 共同生活を 送った 後に
共に ソ連に 留学した 湯浅=芳子。
日本と ソ連とで 二人が 共に 暮らした 時間は
実に 7年強にも わたる。
そんな 二人の 間に 一体 何が 有ったのか? 
二人の 往復書簡を 元に、
同居生活の 初めの 1カ月半に 焦点を 当てて 描く
「本当に 有った 物語」。

映画会『百合子、ダスヴィダーニヤ』
日時:3月13日(水)午後7時~ 
参加費:無料(席料500円と、別途 ドリンクの 注文とを)
会場:ダイニングバー・Queer+s(クィアーズ)
住所:名古屋市中区栄四丁目13-18 栄スパークビル5階
電話:080-4542-4532
http://queer-s.info/
https://twitter.com/Queer_s

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

投票所入場券:性別欄廃止広がる

1投稿者:トランスジェンダーの有権者に配慮を  投稿日:2019年02月06日(水) 08時19分07秒
投票所の入場券、廃止広がる「性別欄」 性への配慮尊重
https://www.asahi.com/articles/ASM245W89M24OIPE01Z.html

生まれつきの性と異なる性で生活する
トランスジェンダーの有権者による
投票の妨げにならないよう、
投票所入場券から性別欄を廃止する動きが広がっている。
性的少数者を支援する地元の民間団体も
性別欄の削除を呼びかけている。
2投稿者:トランスジェンダーの有権者に配慮を  投稿日:2019年02月06日(水) 08時19分26秒
2月3日に投開票された愛知県知事選では、
県内54市町村のうち
34市町村が投票所入場券に性別欄を設けなかった。

県選挙管理委員会が1月29日、
各市町村選管に聞き取りで調査した。
性別欄を設けていないのは
名古屋市や豊橋市、岡崎市など34市町村。
うち安城市や西尾市などは、
選挙事務の担当者用に、性別がわかる印を付けているが、
有権者にはわからないようにしている。

知多市は、今回の知事選から性別欄を廃止した。
市選管の担当者は
「以前から検討していたが、
 2017年の衆院選は急な実施で
 準備が間に合わなかった」と説明する。
日進市は有権者から要望を受けたのがきっかけで、
17年の衆院選から廃止した。
市選管は
「性別欄を廃止しても、
 選挙事務で特に問題はなかった」という。

一方、
瀬戸市や弥富市、長久手市など
20市町村の投票所入場券には性別欄がある。
このうち半田市や常滑市などは
「男」「女」ではなく、記号などを振っているものの、
性別欄自体は残っている。
県選管によると、
今後、性別欄の廃止を検討している自治体も
いくつかあったという。

性的少数者を支援する
民間団体「レインボーなごや」(名古屋市)によると、
トランスジェンダーの当事者は
「性別が書かれた投票所入場券だと、
 なりすましと思われるのでは」と悩むことがあるほか、
「投票所で周りにわかるような形で
 性別を確認された」といったつらい思いをすることがある。
レインボーなごやは16年の参院選直後から、
入場券の性別欄廃止を含めて選挙事務で配慮をするよう、
県選管に複数回申し入れている。

県選管はこれを受け、
投票所での本人確認を
見た目の性別だけに頼らないようにするほか、
どうしても性別を確認する必要があれば、
小声で尋ねるなどの配慮を
市町村選管に呼びかけている。(日高奈緒)
3投稿者:トランスジェンダーの有権者に配慮を  投稿日:2019年02月06日(水) 08時20分00秒
〈投票所入場券〉 
選挙の告示・公示日以降に有権者に郵送される。
氏名や住所、投票所周辺の地図などが書いてある。
入場券があると、
投票所に来た人と選挙人名簿との照合がしやすくなる。
忘れたり紛失したりしても投票は可能。
「投票所入場整理券」や「選挙のお知らせ」などと
呼ぶ自治体もある。
(『朝日新聞デジタル』2019年2月5日10時20分)
4投稿者:トランスジェンダーの有権者に配慮を  投稿日:2019年02月17日(日) 23時57分18秒
投票所での男女確認は必要か
『朝日新聞』「声」欄 2019年2月17日
LGBT団体役員 酒井 徹 (愛知県 35)
https://www.asahi.com/articles/DA3S13896819.html

生まれつきの性と異なる性で暮らす
トランスジェンダーの有権者への配慮が広がっている。
3日投開票だった愛知県知事選では、
県内54市町村のうち34市町村が
投票所入場券に性別欄を設けなかったと記事で読んだ。
県選管は、
投票所での本人確認を見た目の性別に頼らないようにし、
確認の必要がある場合も小声で尋ねるなどの配慮を、
市町村選管に求めるそうだ。

私が投票した投票所では、
職員が操作する投票用紙交付機の前に、
つい立てが設けられた。
交付機には黒の「男ボタン」と桃色の「女ボタン」とがあり、
男女別投票者を数える。
ボタンを押すところが本人や周囲に見えたら、
自分が男に見えるか女に見えるか
「品定め」されているように感じるが、
つい立て一つでその抵抗感は解消される。

しかし、
同じ県内でも半田市のように、
投票所の受付が銭湯のように男女別になっているところも
ある。
「配慮」のあまりの地域格差にがく然とした。

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

名古屋の栄でプライドパレード

1投稿者:誰が好きでもええがや  投稿日:2019年02月13日(水) 11時02分55秒
多様な性YES「LGBT知って」と名古屋でパレード
ニュース 2018年12月20日
http://www.jcp-aichi.jp/2018/1220-150833.html

「LGBTのことを知ってほしい」
「誰もが生きやすい社会を」―。
性的少数者を象徴する虹色の旗を掲げたパレードが15日夜、
名古屋市中区栄の繁華街で行われました。

主催は、レインボーなごや。
SNSなどで呼びかけられ、約30人が参加。
参加者は
「多様な性にYES」、「誰が好きでもええがや」など
プラカードを持ち、沿道の人たちに訴えました。
パレードを見た通行人や外国人観光客から
拍手が送られる姿も見られました。

参加したゆりさん(25)は
「私は女性です。
 彼女はMtF(体の性は男性で心の性は女性)です。
 戸籍の性別を変えるために性別適合手術がいる。
 こんな制度があるのは、世界で日本だけ。
 戸籍制度なんてなくなればいい」と話しました。
日本共産党のすやま初美参院選挙区予定候補も参加しました。

パレードに先立って、
「LGBTの夢と現実」と題したシンポジウムが
開かれました。
動画配信などでLGBTへの理解を広めるマサキチトセ氏が
講演。
「今年は、
 自民党の杉田議員による発言で
 社会を巻き込んだ運動に広がった」と振り返り、
「LGBTと一言に言っても、人それぞれで多様性がある。
 当事者の声を可視化させて、理解を広めることが重要」と
語りました。
「LGBTs集いと支援の場ぎふ・ぱすぽーと」の
田中雪斎さん、
レインボーなごやの酒井徹さんが
活動報告しました。
(『しんぶん赤旗』東海・北陸信越版2018年12月19日)
2投稿者:誰が好きでもええがや  投稿日:2019年02月13日(水) 11時03分33秒
パレード実現

性的少数者を象徴する虹色の旗を掲げたパレードが、
昨年12月15日に名古屋で行われた。
私が共同代表を務めるレインボーなごやが主催した。

性的少数者については国政でも、
主要野党が共同で「差別解消法案」を国会に提出、
自民党は「理解増進法案」を提出する方針を固めた。
全国の主要都市では、
性的な多様性の尊重を求めるレインボーパレードが
数百人から数千人の規模で開かれている。

だが東海地方の中心地・名古屋では、
LGBTへの差別解消・理解増進の
機運の高まりにもかかわらず、
2018年はパレードがないという。
「今年もパレードがやりたい」との声が
当事者たちから寄せられた。

そこから、手作り・手弁当でのパレードの準備が始まった。
全国の主要都市で行われるレインボーパレードと違って、
企業の協賛があるわけでもない。
プラカードも、
段ボールに白い紙を貼り、
「多様な性にYES」「誰が好きでもええがや」と
思い思いに手書きした。

結果、30人が参加する小さなパレードが実現できた。
沿道からは、通行人から拍手でエールが送られた。
(愛知県 酒井徹 団体役員 35歳)
(『しんぶん赤旗』「若いこだま」2019年1月9日)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

'19知事選:性別欄削除の賛否は?

1投稿者:トランスジェンダーの有権者に配慮を  投稿日:2019年01月31日(木) 00時06分23秒
'19知事選:性別欄削除の賛否は?/愛知
――榑松氏賛成、大村氏回答無し――
https://mainichi.jp/articles/20190129/ddl/k23/010/152000c

■LGBT支援団体アンケ
2月3日投開票の知事選を前に、
東海地方のLGBTなど性的少数者やその支援者でつくる会
「レインボーなごや」は28日、
立候補している2氏の
性的少数者に関わる政策課題についてのアンケート結果を
公表した。

投票所入場券や印鑑証明書などの性別欄を
削除することへの賛否などをただした。
同会によると、
新人の榑松佐一(62)が賛成の意見を示す一方、
現職の大村秀章氏(58)は期限までに回答がなかった。
今後回答が届けば同会のツイッターで公表するという。

また、
同会は28日、
県選挙管理委員会に対して、
性的少数者に配慮した選挙事務の
徹底を求める申し入れをしたことを明らかにした。
2016年の参院選や17年の衆院選でも
同様の申し入れをしている。
県選管では衆院選から、
投票所での本人確認時に
年齢や性別は小声で確認するなどの配慮をするよう
各市町村選管に求めている。
こうした取り組みは全国でも先進的で、
既に投票所入場券に性別欄が残っているのも
弥富市など一部に限られているという。

共同代表の山口徳明さんは
「投票所で大きな声で性別を確認されるために
 投票に行かないという話も聞く。
 本人確認の必要性は理解しているので、
 より配慮が進めば」と話している。
【道永竜命】(『毎日新聞』1月29日なごや近郊版)
2投稿者:トランスジェンダーの有権者に配慮を  投稿日:2019年01月31日(木) 00時07分05秒
LGBT支援団体の公開質問、候補者の回答公表
http://www.chunichi.co.jp/article/senkyo/aichi-chiji2019/news/CK2019012902000243.html

性的少数者(LGBT)らの支援団体
「レインボーなごや」は二十八日、
知事選の候補者への
LGBTに関する公開質問状の回答を公表した。

公的書類から性別欄を削除することなどの賛否を問う
選択式の四問と、
LGBTに関する政策案を尋ねる記述式の二問。
県労働組合総連合(愛労連議長)の新人
榑松(くれまつ)佐一さん(62)は
性別欄の削除に「賛成」と答え、
記述回答では
「性的少数者を含め
 全ての県民の尊厳や権利が侵されない社会」の実現を
訴えた。
現職の大村秀章さん(58)からは
二十七日の期限までに回答がなかった。
団体は回答が寄せられ次第、
ホームページやツイッターで公表する。

団体は
県選管にも投票所でのLGBTへの配慮を文書で申し入れた。
投票入場券への性別の記載や、
投票所での本人確認の際に
性別を口頭で聞くことをやめるよう求めた。
県選管は既に二〇一七年十月の衆院選から、
要請に基づく配慮の実施を市町村選管に周知している。
団体によると、
今回の知事選では
弥富市などを除く大半の市町村で
入場券の性別欄が削除された。
(『中日新聞』2019年1月29日朝刊愛知県内版)
3投稿者:トランスジェンダーの有権者に配慮を  投稿日:2019年01月31日(木) 00時07分33秒
'19知事選:大村氏回答届く/愛知
――LGBTアンケ すべて賛成意見――
https://mainichi.jp/articles/20190130/ddl/k23/010/268000c

LGBTなど性的少数者やその支援者でつくる会
「レインボーなごや」は29日、
知事選の候補者に対して実施したアンケートの回答が
現職の大村秀章氏(58)から届いたことを明らかにした。

同会は
投票所入場券や印鑑証明書などの性別欄を削除することへの
賛否などを候補者に問い、
大村氏はすべての質問に賛成の意見を示した。
この中で大村氏は
「性的少数者に対する差別や偏見をなくし、
 正しい理解と認識を深めるために市町村などと連携し、
 様々な啓発に取り組む」などとしている。

アンケートは
新人の榑松佐一(62)が期限までに回答した一方、
大村氏は期限までに回答していなかった。
【道永竜命】(『毎日新聞』1月30日なごや近郊版)
4投稿者:トランスジェンダーの有権者に配慮を  投稿日:2019年01月31日(木) 00時07分56秒
大村さんの回答も公表
――LGBT支援団体の公開質問――
http://www.chunichi.co.jp/article/senkyo/aichi-chiji2019/news/CK2019013002000200.html

性的少数者(LGBT)らの支援団体
「レインボーなごや」が
知事選の候補者に送ったLGBTに関する公開質問状に、
現職の大村秀章さん(58)が二十九日、回答した。

公的書類から性別欄を削除することなどの賛否を問う
選択式の四問と、
LGBTに関する政策案を尋ねる
記述式の二問。
大村さんは性別欄の削除に「賛成」と答え、
記述回答では
「性的少数者に対する差別や偏見をなくし、
 正しい理解と認識を深めるため、
 さまざまな啓発に取り組んでいく」と回答した。

団体によると、
県選管は二〇一七年衆院選から
市町村選管に配慮するよう伝え、
今回の知事選では多くの市町村で
投票所入場券の性別欄が削除された。
新人の榑松(くれまつ)佐一さん(62)と
大村さんの回答は、
団体のツイッターで見られる。
(『中日新聞』1月30日愛知県内版)
5投稿者:トランスジェンダーの有権者に配慮を  投稿日:2019年01月31日(木) 21時12分52秒
19知事選:LGBT支援「前向き」 両陣営

2月3日投開票の県知事選に向けて、
性的少数者(LGBT)団体「レインボーなごや」は、
新人の榑松(くれまつ)佐一氏(62)と、
現職の大村秀章氏(58)に行った
LGBTに関するアンケート結果を公表した。
いずれも前向きに取り組む姿勢を示した。

アンケートは6問で、
投票所入場券や
印鑑登録証明書の性別欄削除などについて聞いた
選択式の4問と、
政策全般を記述式で書いてもらう2問。

2氏は4問について、
ともに賛成の立場をとった。
記述では榑松氏が
「すべての県民の
 人間としての尊厳や権利が侵されない社会のため、
 県民の声を受け止める県政にする」、
大村氏は
「差別や偏見をなくし、
 正しい理解と認識を深めるために
 市町村や民間団体等と連携し、
 様々な啓発に取り組む」と
それぞれ回答した。

県選管によると、
今回の知事選では、
半数以上の自治体が
投票所入場券で性別欄を廃止しているという。
同団体の担当者は
「積極的に取り組もうとしていることがわかった。
 県政でこうした政策が推進されることを期待している」と
話した。
回答は同団体のツイッターで閲覧できる。
(『読売新聞』1月31日名古屋市内版)
6投稿者:トランスジェンダーの有権者に配慮を  投稿日:2019年01月31日(木) 21時13分16秒
性的少数者政策 2氏の回答公開 民間の支援団体

東海地方の性的少数者を支援する
民間団体「レインボーなごや」(名古屋市)が、
知事選に立候補している
新顔の榑松佐一氏(62)と、
現職の大村秀章氏(58)に、
性的少数者についての政策課題を尋ねたアンケートを実施し、
結果を公表した。

知事選の投票所入場券や、公的書類の性別記載について、
2人とも削除に「賛成」と回答。
性的少数者に関わる政策全般について、
榑松氏は
「すべての県民の人間としての尊厳や権利が
 侵されない社会のために、
 県民の声を受け止める県政にする」、
大村氏は
「性的少数者に対する差別や偏見をなくし、
 正しい理解と認識を深めるために、
 市町村や民間団体などと連携し様々な啓発に取り組む」と
答えた。
全回答は団体のツイッター(@rainbow_758)で公開している。
(『朝日新聞』1月31日名古屋版)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

愛知知事選:LGBT支援前向き両陣営

1投稿者:トランスジェンダーの有権者に配慮を  投稿日:2019年01月31日(木) 21時11分48秒
19知事選:LGBT支援「前向き」 両陣営

2月3日投開票の県知事選に向けて、
性的少数者(LGBT)団体「レインボーなごや」は、
新人の榑松(くれまつ)佐一氏(62)と、
現職の大村秀章氏(58)に行った
LGBTに関するアンケート結果を公表した。
いずれも前向きに取り組む姿勢を示した。

アンケートは6問で、
投票所入場券や
印鑑登録証明書の性別欄削除などについて聞いた
選択式の4問と、
政策全般を記述式で書いてもらう2問。

2氏は4問について、
ともに賛成の立場をとった。
記述では榑松氏が
「すべての県民の
 人間としての尊厳や権利が侵されない社会のため、
 県民の声を受け止める県政にする」、
大村氏は
「差別や偏見をなくし、
 正しい理解と認識を深めるために
 市町村や民間団体等と連携し、
 様々な啓発に取り組む」と
それぞれ回答した。

県選管によると、
今回の知事選では、
半数以上の自治体が
投票所入場券で性別欄を廃止しているという。
同団体の担当者は
「積極的に取り組もうとしていることがわかった。
 県政でこうした政策が推進されることを期待している」と
話した。
回答は同団体のツイッターで閲覧できる。
(『読売新聞』1月31日名古屋市内版)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

性的少数者団体:市の調査に提言

1投稿者:誰が好きでもええがや  投稿日:2018年12月13日(木) 13時39分10秒
性的少数者ら団体が市の調査に関し提言
――「説明を丁寧に」――

市が七月中に実施した
「性的少数者(セクシュアル・マイノリティー)など
 性別にかかわる市民意識調査」について、
性的少数者らでつくる「レインボーなごや」が十二日、
市役所で記者会見し、
市に対して
「調査の説明を丁寧にして」などと提言したことを
明らかにした。
調査は無作為に抽出した一万人を対象に実施。
性的少数者の当事者の中には、
自分宛てに調査用紙が届いたことに驚き、
戸惑う人もいた。
市の調査用紙には
どういう基準で対象が選ばれているかなどの説明が
なかったという。

会の山口徳明共同代表(四三)らが会見し、
「調査を歓迎するが、
 改善してほしいところもある。
 差別を無くすための調査だと強くうたってほしかった」と
話した。
市は近く調査の結果を公表するという。
(『中日新聞』名古屋市民版2018年12月13日朝刊)
2投稿者:誰が好きでもええがや  投稿日:2018年12月13日(木) 13時39分40秒
LGBT支援団体、名古屋市に意識調査の改善を申し入れ
https://www2.ctv.co.jp/news/2018/12/12/33934/

LGBT・性的少数者の支援団体「レインボーなごや」は
12日、
名古屋市が市民1万人に行った
LGBTに関する意識調査について市に
改善を求める申し入れを行いました。

性別が「男性」と「女性」しか選べないなど、
LGBTに対しての配慮が足りないとしています。

この調査は、
名古屋市が7月に政令指定都市として初めて行ったもので、
今月中にも結果を公表する予定です。
(中京テレビニュース2018/12/12 18:50)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

誰が好きでもええやん

1投稿者:杉田議員発言を批判公明研修会で  投稿日:2018年08月08日(水) 16時17分49秒
杉田議員発言を批判 公明研修会で
――県内LGBT支援団体 講演――

県内の 性的少数者(LGBT)を 支援する
市民団体「ぎふ・ぱすぽーと」(岐阜市)の 共同代表の
田中雪齋さんが 28日、
同市金町の 市文化センターで 開かれた
公明党県本部の 議員研修会で LGBTについて 講演した。
自民党の 杉田水脈衆院議員(比例中国ブロック)が
月刊誌で LGBTへの 行政支援に関し
「子供を 作らない、
 つまり 生産性が ない」などと 主張したことに 触れ、
「とんでもない 発言。
 人権問題であり、憲法にも 反する。
 偏見を ぜひ なくしたい」と 訴えた。

同党県本部の 議員ら 約60人が 受講した。
田中さんは、杉田議員の 持論に対し
「そのようなことを 言う 議員が まだ いることが
 信じられない」と 非難した。

トランスジェンダーである 田中さんは、
当事者が なかなか 公表できない 理由について
「社会の 偏見が まだ ある。
 正しい 知識を 持ってほしい」と 話した。
教育現場での 理解の 重要性も 訴えた。

ぎふ・ぱすぽーとは、LGBTへの 理解を 広めるため、
講演依頼を 受け付けている。
問い合わせは 田中さん、携帯電話090(6072)2244。
(川瀬慎一朗)(『岐阜新聞』県内版2018年7月29日朝刊)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

LGBT支援者らが杉田議員発言に抗議

1投稿者:誰が好きでもええやん  投稿日:2018年08月08日(水) 11時54分44秒
LGBT支援者らが杉田議員発言に抗議
――自民県連前で――

自民党の 杉田水脈(みお)衆院議員が、
性的少数者(LGBT)に対し
「『生産性』がない」などとする 文章を
月刊誌に 寄稿したことを 巡り、
LGBTを 支援する
市民団体「レインボーなごや」の メンバーなどが 二十八日、
中区丸の内三の 自民党県連前で 抗議した。

十人ほどが マイクや 虹色の 旗を 持って 活動。
「人間を 生産性で 判断するのは おかしい。
 異性愛者でも
 子どもを つくらない人は 良くないということなのか」
「党として しっかりと 指導するべきだ」などと 訴えた。

共同代表の 酒井徹さん(三四)は
「子どもを 育てられないのは
 単に 生めないからではなく、
 養子を 認めない 制度に 問題が ある。
 その 社会を 作っている 与党の 政治家が、
 あのような 考え方なのは いかがなものか」と 話した。
県連に対し、
杉田議員の 文章の 撤回などを 求める 申し入れ書も
提出した。
(『中日新聞』名古屋市民版2018年7月29日朝刊)
2投稿者:誰が好きでもええやん  投稿日:2018年08月08日(水) 11時55分17秒
LGBT「生産性ない」 杉田議員やめろ
――自民に抗議 広がる怒り――
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-07-29/2018072914_01_1.html

■愛知
名古屋市中区に ある 自民党愛知県連前で 28日昼、
LGBTは 「生産性がない」と 攻撃した
自民党の 杉田水脈衆院議員の 辞職を 求める 抗議宣伝が
行われました。
名古屋を 中心に 東海地方で 活動する
「レインボーなごや」が 呼びかけ、
当事者ら 10人が 参加しました。

参加者は、
虹色の 旗や
「杉田水脈は議員を辞めろ」 「くたばれ生産性」など
ボードを 掲げて コールしました。

マイクを 次々 握り、
共同代表の 山口徳明さんは
「杉田さんの 発言は、
 自民党の 基本方針に 反しているのに、
 本人は 開き直り、
 自民党は 擁護している。
 LGBTや 生産性だけに とどまらず、
 個人の 尊厳が 脅かされる 重要な 問題」と
訴えました。

メンバーの 酒井徹さんは
「今の 政治が、
 性的少数者が 自分自身を 受け入れることを
 難しくしている。
 与党議員の 暴言は 非常識で 許せない。
 『生きづらい』と 声が あって、
 社会を 変える 方法が あるなら、
 実行していくのが 政治家の 仕事じゃないか」と
話しました。

終了後、
参加者は 杉田議員の 辞職を 求める 申し入れ書を
自民党県連に 届けました。
(『しんぶん赤旗』2018年7月29日)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

ユニオンみえ:高プロ反対街頭活動

1投稿者:名前はまだ無い  投稿日:2018年07月13日(金) 20時28分37秒
ユニオンみえ:高プロ反対を訴え津駅前で街頭活動

参院本会議で 働き方改革関連法案が
可決、成立したことを 受け、
三重一般労働組合(ユニオンみえ)が 二十九日、
津市羽所町の 津駅前で、
高収入の 一部専門職を 労働時間規制の 対象から 外す
高度プロフェッショナル制度(高プロ)への
反対を 呼び掛ける 街頭活動を 実施した。

四人の 組合員が 横断幕を掲げ、
法案を 批判する チラシを 配るなどした。
組合の 広岡法浄書記長(六五)は
「高プロは
 労働時間の 規制を なくしたい 企業ありきの 制度だ。
 過労死を 招きかねない」と
道行く 人に 訴えた。
組合員の 岩倉正典さん(五六)は
「議論が 深まっていないのに 与党は 拙速だ。
 このまま 法案が 可決されれば 働かせ放題に なる」と
話した。
(飯塚大輝)
(『中日新聞』三重県版2018年6月30日朝刊)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

岐阜市も性別欄削除へ印鑑登録

1投稿者:名前はまだ無い  投稿日:2018年06月17日(日) 13時56分30秒
岐阜市も性別欄削除へ 印鑑登録証明書
https://www.gifu-np.co.jp/news/20180605/20180605-46567.html

岐阜市が、
性的少数者(LGBT)に 配慮し、
印鑑登録証明書の 記載事項から、
性別欄を 削除する 方針を 固めたことが
4日、分かった。
早ければ 9月の 定例市議会で
市印鑑条例の 改正案を 提出し、
可決されれば 年内の 実施を 目指す。

本庁舎と 北部事務所に 設置されている
印鑑登録証明書などの 自動交付機を
9月末で 撤去するのに 合わせて、
改正案を 提出する 考え。

また この 日、
LGBTの 支援団体
レインボーなごや(名古屋市)の 代表らが
柴橋正直市長に、
印鑑登録証明書から 性別欄などを なくすよう
申し入れた。
印鑑登録証明書だけでなく、
各種書類から 不要な 性別欄を なくすことなども
求めている。

印鑑登録証明書の 性別欄を 巡っては、
県内では 関市や 加茂郡八百津町、同郡坂祝町などが
既に 削除しているほか、
美濃加茂市や 羽島市でも
年度内の 削除を 目指している。
(『岐阜新聞』2018年6月5日朝刊)
2投稿者:名前はまだ無い  投稿日:2018年06月17日(日) 13時57分16秒
印鑑証明の性別記載 岐阜市長に「削除を」
――LGBT支援団体「環境改善求める」――
https://digital.asahi.com/articles/ASL6445GPL64OHGB006.html?rm=255

性的少数者(LGBT)を 支援する
民間団体 「レインボーなごや」の メンバー 8人が
4日、
岐阜市の 柴橋正直市長を 訪ねた。
自分たちの 経験を 踏まえ、
「性的少数者でも 安心して 暮らせる 市の 実現」を
申し入れた。

1月に 柴橋市長が 初当選したことを 受けて 訪ねた。
可児市の 山口晴加さん(32)は、
印鑑登録証明書に 記載された 性別と
心の 性別が 違うことで 「いやな 思いを した」と
経験を 伝え、
記載事項から 性別を 削除することを 求めた。

印鑑登録証明書を 巡っては、
八百津町が 今年度から 性別の 記載を 撤廃するなど、
各地で 見直す 動きが 出始めている。

女性として 暮らす 山口さんは 現在、
パートナーの 女性(24)と 子育て中。
子どもを 預ける 保育園の 書類には
「母親」 「父親」の 氏名を 記入する 欄が あるという。
「海外では ペアレント1、ペアレント2という 欄が
 あると 聞く。
 日本でも 保護者1、保護者2と してほしい」。

岐阜市の 山田侑子さん(28)は
女性として 過ごしているが、
「病院の 診察室で (戸籍上の) 男の 名前で 呼ばれる。
 近所なので 周りの 人に 知られると 困る」と 話し、
性的少数者への 配慮を 求めた。

メンバーらは、
県内に 性的少数者が 集まって 情報交換できる 場が
少ないことや、
就職活動の 難しさ、
相談窓口が 少ないことなどを 指摘し、
性的少数者の 生活環境の 改善への 理解を 求めた。
(松沢拓樹)
3投稿者:名前はまだ無い  投稿日:2018年06月17日(日) 13時57分26秒

郡上市削除へ条例改正案

郡上市は、
LGBTの 人たちに 配慮し、
印鑑登録証明書の 記載事項から
性別に 関する 事項を 削除する 方針を 決めた。
条例改正案を 6月定例市議会に 提案する。

これまで 証明書には 男女の 別を 記載してきたが、
やめるという。
市の担当者によると、
男女の 記載が ある ほかの 規則や 要綱についても
改正を 検討しているといい
「順次、記載の 必要性を 検証しながら
 対応していきたい」としている。

また、羽島市も
同証明書から 性別の 記載を 削除する 条例改正案を
6月定例市議会に 提出するという。
(山野拓郎、山下周平)
(『朝日新聞』岐阜版2018年6月5日朝刊)
4投稿者:名前はまだ無い  投稿日:2018年06月17日(日) 13時58分27秒
印鑑証明の性別欄 LGBT撤廃要請
――市に名古屋の団体――

性的少数者(LGBT)の
当事者や 支援者で つくる 団体
「レインボーなごや」(名古屋市)は 四日、
印鑑登録証明書から 性別記載欄を 撤廃するよう
岐阜市に 申し入れた。
市は 前向きに 検討し、
性別欄を 変更するための 条例改正案を
準備するとしている。

印鑑登録証明書は 各自治体が 様式を 定め、
県内では 関市や 八百津町など 一部に
LGBTに 配慮して
性別欄を 削除する 動きが 出ている。
同団体は 一月の 岐阜市長選で 各候補者に
撤廃の 賛否を 問う アンケートを 実施し、
柴橋正直市長は 当時、
賛成の 意向を 示していた。

団体の 共同代表である 山口徳明さんら
メンバー八人が 市役所を 訪れ、
「岐阜市が 性別欄を 変更すれば、
 大きな 流れに なる」と
申し入れ書を 柴橋市長に 提出。
LGBTが 安心して 暮らせる 街の 実現を 訴えた。

心と 体の 性が 一致しない
トランスジェンダーの 女性、
山田侑子さん(二八)=岐阜市=は
病院の 待合室で 改名する 前の 男性名を
フルネームで 呼ばれ、
嫌な 思いを した 経験が あり、
「現場でも 配慮や 理解が 広がってほしい」と 話した。
(近藤統義)
5投稿者:名前はまだ無い  投稿日:2018年06月17日(日) 13時58分38秒
羽島市は来月撤廃

羽島市は 七月から、
印鑑登録証明書に ある
「男」 または 「女」の 性別記載を 撤廃する。
性的少数者(LGBT)に 配慮した。
印鑑条例の 改正案を、
八日開会の 市議会六月定例会に 提案する。

市が 四日、明らかにした。
撤廃は 市民からの 要望に 基づくものではないといい、
担当者は
「時代の 流れもあり、判断した」。
市によると、
印鑑登録証明書から 性別記載を なくしても、
不都合は 起きない。
(水越直哉)
(『中日新聞』岐阜・近郊版2018年6月5日朝刊)
6投稿者:名前はまだ無い  投稿日:2018年06月17日(日) 13時59分06秒
LGBT団体 性別欄廃止要望

LGBTと 呼ばれる 性的マイノリティーの 人や
支援する 人たちが
岐阜市の 柴橋市長を 訪れ、
印鑑登録証明書などの 公的な 書類から
性別欄を なくすことなどを 要望しました。

岐阜市の 柴橋市長のもとを 訪れたのは、
LGBTの 人や、支援者らで 作る
名古屋市の 団体 「レインボーなごや」の メンバーです。

メンバーらは、柴橋市長に
印鑑登録証明書など 公的な 書類から
性別欄を なくすことや、
選挙の 投票の 際、
投票所での 本人確認の 際に
性別の 確認を なくすことなどを 求める
要望書を 手渡しました。

面談の 中で、
心と 体の 性が 一致しない トランスジェンダーで
岐阜市に 住む 山田侑子さんが、
「病院で 名前を 呼ばれる 時や、
 職場で 男女別の 名簿が 作られた 時に
 苦痛を 感じた」と 経験を 話しました。
また、
ほかの メンバーからは
「市役所に 相談に 行った 際、
 職員が LGBTの 意味すら 知らなかった。
 相談窓口を 明確にしてほしい」といった 意見が
出ていました。

これに 対して 柴橋市長は、
「生の 声を 聞かせていただき ありがたい。
 じっくりと 要望書を 読ませていただきます」と
答えていました。

県内では、
関市と 各務原市、それに 八百津町と 坂祝町で
すでに 印鑑登録証明書の 性別欄が 廃止されていて、
岐阜市も 性別欄を なくす 方向で
準備を 進めています。
(NHK東海 News web 06月05日 10時07分)
7投稿者:名前はまだ無い  投稿日:2018年06月17日(日) 13時59分35秒
岐阜市:性別欄撤廃求め 配慮申し入れ

LGBT=性的マイノリティの 支援団体が 今日
岐阜市役所を 訪れ、
心と 体の 性が 一致しない
トランスジェンダーに 配慮し、
印鑑登録証明書から
性別欄を 無くすことなどを 求めた 意見書を
柴橋正直市長に 提出しました。

今日 岐阜市役所を 訪れたのは、
東海地方の 性的少数者や その 支援者らで つくる
レインボーなごやの 山口徳明代表ら 8人です。
意見書には、
印鑑登録証明書などをはじめとした 公的書類から
性別の 記載を 無くすなど、
性的少数者に 配慮した 環境の 整備を
求めることなどが 盛り込まれ、
岐阜県内では 現在、
関市や 各務原市など 4つの 自治体が
印鑑登録証明書の 性別欄を 撤廃しています。
山口さんは、
「社会の 中で 埋もれて 生活している 当事者の 声を
 拾ってほしい」と 柴橋市長に 呼びかけ、
柴橋市長は、
「生の 声を 聞かせていただき 有り難い。
 じっくり 検討していきたい」と 答えました。

レインボーなごや 山口徳明代表
「岐阜ってのは 全体的に 保守的な 土地柄ですので、
 住んでる 地元では、
 自分は 実は 女性だと 思ってるとか、
 実は 男性が 好きだったという 事は 言わずに、
 名古屋に 来て 話を するという 人が
 非常に 多いんですね。
 これは 三重も 静岡も そうなんですね。
 つまり、
 地元で 出す 場所が 無い。
 そういう意味で、
 これを 機会にですね、
 (こうした 取り組みが )ニュースに なると、
 岐阜に 住んでいる 当事者の
 励みに なるんじゃないかという 事を
 期待しております」。
(岐阜放送『Station!』2018年6月4日)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

還暦のカミングアウト

1投稿者:名前はまだ無い  投稿日:2018年06月01日(金) 13時00分31秒
還暦のカミングアウト
https://mainichi.jp/articles/20180516/ddh/041/070/003000c

「60歳に なって、
 女性として 生きることを 選んだ 人が いる」。
先日、
LGBTなど 性的少数者を 支援する
名古屋市の 団体を 取材した 際、
メンバーから こんな 話を 聞いた。
岐阜県各務原市に 住む 田中雪斎さん(71)だった。

戸籍上は 男として 生まれたが、
体と 心の 性が 一致しない トランスジェンダー。
ミニ丈の ワンピース姿で 現れた 田中さんは
「目立つように、
 あえて 派手に している。
 同じように 悩む 人と つながる きっかけに なれば」
と 話した。

元教師。
子どもたちと 校庭で 弁当を 食べると、
校長は
「他の 先生が しないことは するな」と 言った。
異質な ものを 排除し 横並びを 求める 現場に
嫌気が 差して 数年で 退職した。
60歳近くまで 塾講師を 務め、
孫も 2人 いる。
還暦での カミングアウトに 好奇の 目も あったが
家族や 友人の 理解が 支えに なった。

「当事者が 行動しないと 社会は 変わらない」。
自治体や 企業に 出向き、
性の 多様性を 尊重する 環境整備を 訴えている。
古い 価値観に 基づく 人権侵害が 根強く 残る 社会に、
風穴を 開けてほしい。
【式守克史】
(毎日新聞2018年5月16日中部夕刊)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

性的少数者へ理解をあす街頭活動

1投稿者:名前はまだ無い  投稿日:2018年05月16日(水) 09時36分30秒
性的少数者へ理解を 名古屋であす街頭活動
――支援の会 電話相談も――

東海地方の
LGBTなど 性的少数者や その 支援者でつくる 会
「レインボーなごや」は 17日、
当事者を 対象とした 電話相談や
LGBTへの 支援・理解を 訴える 街頭活動を
名古屋で 行う。

17日は、
世界保健機構(WHO)が
1990年の この 日に
同性愛を 精神疾患リストから 削除したことに ちなみ、
「国際反ホモフォビアの日」
(同性愛嫌悪に反対する日)と される。
国内でも この 日に 合わせ、
性的少数者への 理解を 深め、
権利を 守る 取り組みが 各地で 展開される。

同会は 当日正午から 午後6時まで 電話相談を 企画。
LGBT当事者を 対象に、
性的指向や 性別に 関する 相談の ほか、
生活面での 悩みなども 聞く。
午後5~6時には
名古屋市中区栄3の 名古屋三越栄店前で、
性の 多様性に 理解を 求める 街頭アクションを 行う。
その 後、
周辺を パレードし、
同7時から 交流会を 開く。
電話相談・問い合わせは
同会(070・5335・4532)。
【式守克史】
(『毎日新聞』名古屋版2018年5月16日朝刊)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

LGBT支援へあす相談や交流会

1投稿者:名前はまだ無い  投稿日:2018年05月16日(水) 07時17分39秒
LGBT支援へ あす相談や交流会

同性愛への 偏見などに 反対する
「国際反ホモフォビアの日」に 合わせ、
性的少数者(LGBT)を 支援する
市民団体「レインボーなごや」は 十七日、
電話相談窓口や 交流会を 開く。

電話相談は 正午~午後六時で、
同団体に 所属する 当事者らが
性別、生活などの 悩みや 相談に 乗る。
窓口は =070(5335)4532、
070(5443)5442=へ。

午後五時からは 名古屋・栄で 街頭活動し、
性的少数者への 理解を 求める。
午後七時からは 当事者らによる 交流会も ある。
問.レインボーなごや=080(4542)4532
(『中日新聞』朝刊愛知県内版2018年5月16日)

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

独り言&雑談スレ

1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2016年05月23日(月) 22時28分53秒
まずはこれがないとな
22投稿者:ちくわぶ  投稿日:2016年07月24日(日) 16時29分41秒
さてどうでしょう
23投稿者:匿名志望  投稿日:2016年07月26日(火) 19時22分21秒
カロビが荒れそうで荒れない状態だな
24投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2017年01月29日(日) 21時39分18秒
わしゃ神じゃw ゲッハッハ
25投稿者:匿名志望  投稿日:2017年02月15日(水) 17時58分35秒
結局、広場には移住者なしなんだな
まあ、カロビへの誘導(移住)が成功しただけでも
26投稿者:てす  投稿日:2017年03月04日(土) 00時36分21秒
です
27投稿者:アムドクラス(4f6c-czis110.132.254.159)  投稿日:2017年08月09日(水) 06時04分58秒
あああああ
28投稿者:アムドクラス(110.132.254.159)  投稿日:2017年08月09日(水) 06時06分24秒
負け惜しみすんなよ

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <

ブラック企業対策POSSEはブラックな左翼セクトだった

1投稿者:STT  投稿日:2017年02月08日(水) 13時04分13秒
やや日刊カルト新聞: ブラック企業対策NPO「POSSE」はブラックな左翼セクトだった
http://dailycult.blogspot.jp/2016/10/npoposse.html

>POSSEを持ち上げる知識人やメディアは、自らが宣伝に加担している団体の正体について、
>もう少し注意を払ったほうがよさそうです。ブラック企業という社会悪と戦っているからといって、
>その人々が必ずしも正しい存在であるとは限りません。

#POSSE からは抗議メールも来ないしプロバイダへの削除要求が来ているという連絡もありません。
https://twitter.com/daily_cult/status/785629556744925184

投稿者 
メール 
(゚Д゚) <